« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

口述試験準備

昨日、平成19年度

司法書士試験口述試験受験票

が届きました。

試験場は渋谷で、午前の部に

割り当てられ8時40分集合。

緊張しやすい性格のため、

落ち着いて受験できるか

やや心配。

LECはアンケートに答えれば

無料でレジュメ送付してくれること

を知り、慌ててネットで依頼。

東京法経学院は本日早速

レジュメを送付してくれました。

Wセミナーはネット申込ができない

ようなので、本日これから

Wセミナー御茶の水校に

申込みに行ってきます。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成19年度司法書士筆記試験合格しました

今日、平成19年度司法書士試験筆記試験の

合格発表があり、なんと合格してました。

緊張のため何度もパソコン画面を見直し

印刷までしました。

生まれて初めて、うれし泣きしました。

しばらく涙が止まりませんでした。

試験終了後もずっと合格を信じ続けて

くれ、試験勉強中も励まし続けてくれた

妻に最大の感謝です。

私の両親や妹、妻の両親など

周りの理解が得られ

試験勉強に集中することが

できたからこそ合格できました。

Wセミナー御茶ノ水校の答練で勝手に

目標とさせて頂いたU君、

本当にありがとう。

ふと、正気に戻ると10月9日(火)の

司法書士口述試験の

準備を全くしていないことに気づき焦る。

人間万事塞翁が馬、今日の結果に

浮かれ過ぎないように

気を引き締めて頑張ります。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (8) | トラックバック (0)

日本司法学院から第2弾の資料あり

本日は、メイン4科目択一過去問1年分を

行った。

先日、日本司法学院から資料が

届いたが、本日第2弾の資料が届いた。

その名も「平成19年度本試験分析と

来年度への傾向と対策」という

タイトルであり興味深いもの。

CDとレジュメがセットになっており、

時間がなくてCDは聞いていないので

内容はまだ不明。

また、答練的中率として

19年度司法書士試験の

肢別の本試験での的中率が

掲載されているが、かなり

驚異的数字。しかし、的中は

どのような基準で的中としているのか

不明であることが残念、具体的な

的中基準を示して欲しかった。

この時期は来年の

司法書士試験の答練生を

獲得するために、各予備校が

無料で司法書士試験情報を提供して

くれるのでありがたい。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の司法書士試験基準点は高得点?

LECのパンフは、「司法書士試験高得点の年の翌年の対策」を

前面に打ち出しているらしい。

司法書士試験の合格発表は9月26日の16時以降

なのに、発表前のこの時期に、

どうして今年の司法書士試験の結果が高得点だと

言い切れるのだろうか?

不安を掻き立てて煽ってLECに

申込みをさせるためか、

それとも、予備校に蓄積された長年のデータから

導き出された今年の試験が高得点だったとの結論なのか、

26日の16時までは誰にも分からない。

今年の司法書士受験を受験していない人から

見れば、様々な情報に踊らされる今年の

司法書士受験生を滑稽に思うかもしれない。

しかし、これだけ基準点予想に

様々な乖離が生じた今年の試験を

受験した立場からすれば、少しでも

試験情報を集め、来年以降に備えたいところ

であり、やむを得ないのである。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験6

本日は、メイン4科目択一過去問1年分及び

直前チェックの会社法・商業登記法を行った。

メイン4科目

(民法・不動産登記法・商法(会社法)・商業登記法)

で択一70問の約4分の3の

問題数を占めるので、

この時期はメイン4科目に

集中せざるを得ない。

個人的にはマイナー科目の

憲法や刑法の判例

に興味深いものが多く、

無意識のうちに判例六法の

憲法・刑法の判例を

読んでしまうのであるが、

この時期はまだマイナー科目に

時間を割く余裕は

無いと自分に言い聞かせ、

再びメイン4科目を

やり始めるのでした。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本司法学院へ資料請求

先日、日本司法学院にも

資料請求したところ、答案練習会や

書式完成試験問題などの見本を

送付してくれた。

なぜ日本司法学院かというと、今年の

司法書士試験の不動産登記法記述式

の中で賛否両論がある代位登記について、

唯一答練で的中させていたとのことであり

内容を見てみたかったからだ。

内容はともかく、見やすいのは

今年の答練を受けたWセミナーの方が

上だった。

自分にとって見やすくまとまって

いる方が当然理解も早いので、

複数の予備校答練に手を広げすぎず、

慣れ親しんだ予備校答練1本に絞った方が

良いようだと感じた。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の司法書士試験合格者が強調していること

本日も、メイン4科目択一過去問1年分と

直前チェック会社法・商業登記法を行った。

Wセミナーに資料請求した際に同封されていた

合格体験記を勉強の合間に読んでいる。

ほとんど全ての合格者が強調していることは、

過去問・条文・直前チェック等

を何回も「繰り返し」行い、

記憶を定着させることが

一番重要であるということだ。

勉強方法としては単調ではあるし、

やり方も受験生各々千差万別で

あるだろうが、

司法書士試験合格のためには

この何回も「繰り返し」行うことが

一つの常道なのかもしれない。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wセミナーの問題集

本日は、メイン4科目択一過去問1年分及び

直前チェック(早稲田経営出版)の

「会社法・商法・商業登記法」を

行った。

早稲田合格答練のホップ・ステップ・ジャンプ

コースは年明けすぐにスタートするが、

この答練のレベルを知るには、

「早稲田合格答練 択一式問題集」(早稲田経営出版)を

見るのが一番いい。

この問題集には、前年の答練出題問題から

厳選された問題が収録されている。

民法(90問)、不動産登記法(60問)、

会社法・商業登記法(64問)

が各1冊ずつ出版されている。

(他マイナー科目用に1冊出版あり)

掲載問題数が少ないのがやや不満では

あるが、司法書士試験過去問の

傾向を踏まえていて、

解説も詳しいので、翌年の答練から

司法書士本試験へと続く長丁場の

ウオーミングアップには良い。

去年の11月、12月は司法書士試験過去問と

この問題集を、とにかく繰り返し

勉強していた。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wセミナーへ資料請求

先日、Wセミナーへ「2008年合格目標 早稲田合格答練」

の資料請求をしたら本日資料が届いた。

司法書士試験合格情報誌「WIN」3月号や

30人の合格体験記も同封されており、

かなりお勧め。

合格答練のパンフには、

今年の本試験については

「全体的に易しい印象を受けた方が多かったかも

しれませんが、実はほぼ例年並の出題だという事実

に気づくはずです。」との微妙な記載。

午前の部択一は、「合格するには、

かなりの高得点、少なくとも30問以上は

確実に押さえておく必要があると思われます。」

これは、受験生の獲得のために多少煽っている

ところがあるのかなと個人的には思います。

午後の択一は、「不動産登記法が目立って易しく

なった」との分析。

記述式は不動産登記法・商業登記法ともに

良問であったとの評価でした。

以上は真面目な話で、

以下は上記と全く関係ない話。

お台場に妻と愛犬と散歩に行ったら、

ビーチバレーボール大会が行われており、

有名な浅尾美和選手がコートで

実際に試合中だった。

テレビで見るとおり、綺麗で

さわやかな人だった。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験の勉強で思うこと

本日は、メイン4科目の択一過去問1年分及び

直前チェック(早稲田経営出版)の「会社法・商法・商業登記法」を行った。

思うに、司法書士試験は11科目もあり

範囲も膨大なのに、あえて挑戦するのだから

司法書士試験の勉強をする受験生は、

勉強することが好きな人が多いのだろう。

恐らく、司法書士試験対策の

勉強自体はつらくはなく、むしろ楽しいのだと思う。

つらいのは、司法書士試験の勉強自体ではなく、

難易度の高い司法書士試験、

ハイレベルな受験生間での戦い、

合格率約3%という超狭き門、

年に1回しかない試験であり失敗が許されない等々

から起因する「次の司法書士試験で合格を

決めなければならない」という重圧なのだと思う。

人生良い時もあれば、悪い時もある。

司法書士試験の勉強中は、

常にこの重圧に苛まれるから悪い時なのかもしれない。

しかし、「人間万事塞翁が馬」。

司法書士試験合格という

人生の良い時を迎えるためにも

全国の司法書士試験受験生の

みなさんお互いに頑張りましょう。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wセミナーの全国統一公開模試

本日は、メイン4科目択一2年分と

記述はブリッジ各1問を行った。

昨日に続けて、Wセミナー関連。

Wセミナーの公開模試は、

年3回実施(4月1回、6月2回)

される。

①難易度は、司法書士本試験より

やや高めなので司法書士本試験対策には有効。

②各回とも約3000人が模試を受験。

司法書士本試験の受験者数の約10分の1であるが、

模試は合格に対し真剣な受験生が受けるので

あろうから母集団的にも信頼できる。

③成績優秀者欄の上位の人々は

とてつもない高得点を記録しており、

一体この人達はどのように勉強をしているのか?

と刺激を受ける。

よってまだ先の話ですが、Wセミナー模試は

受ける価値があると思います。

他の予備校の模試は受けたことがないので、

Wセミナー模試の、より客観的評価は難しい

ですが…

なお司法書士本試験当日と同様、3回の模試全て

の昼食用に、妻がおいしい愛妻弁当を

作ってくれました(また、この前のブログに

続きのろけか?)

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wセミナーの早稲田合格答練

本日もメイン4科目の択一過去問1年分と

不動産登記法・商業登記法のブリッジ1問

ずつ行った。

司法書士の試験勉強は過去問+六法で独学し

司法書士受験予備校の授業を受けたことは

ないが、答練だけは利用した。

過去問には、Wセミナーの早稲田合格答練で

間違った問題や目新しい問題を、

該当するページに書き込んでいるので、

その書き込んだ問題も合わせて

解いている。

Wセミナーの答練は、良問が多く

毎回解くのが楽しみだったことを

懐かしく思い出す。私は、Wセミナーお茶ノ水校

で答練を受けていた。お茶ノ水校では唯一

毎回成績優秀者欄に載っていたK君は、

9月26日の司法書士試験合格発表日を待たずに

100%合格を確信しているんだろうなあ、

と羨ましく思う。私も数回、成績優秀者欄に

載ったものの、20回の答練のうち

K君にはたった1回しか勝てなかった…

佐野行政書士事務所のホームページ  http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

司法書士試験5

本日の司法書士試験勉強は昨日と同様。

司法書士試験は、当然のことながら

非常に難関であり、これから

涼しくなる秋にかけて全国の受験生は

勉強のペースを上げていく。

3万人以上が司法書士試験の受験申込みをし、

択一で約2400人に絞られ、

書式を加算し上位約半分の約1200人に絞られ、

さらに総合点でそのうちの上位900人前後が合格となる。

そもそも、受験申込みの約1割、上位約3千人は

ハイレベルで実力拮抗しており、まさに狭き門。

数字的に考えると、つい弱音を吐きそうになるが、

しかし毎年毎年現にこの難関な試験に合格

している人々がいるのだから、負けずに一生懸命やる

しかない。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験4

過去問メイン4科目1年分及び

早稲田経営出版のブリッジ

不動産登記法・商業登記法(実戦編)

(竹下貴浩著)を各1問行った。

私はWセミナーの回し者ではないが、

今年の司法書士試験の書式は、

ブリッジ(実戦編)で提示されている論点が

多く出題されていたと思う。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度司法書士試験に向けて

今年の司法書士試験の合格基準点が

2チャンネルに記載されているように

210点を越すようなことがあれば、

来年の平成20年度司法書士試験は

基準点が下がるのだろうか。(つまり、

問題が難しくなるのだろうか?)

現に、平成15年度司法書士試験の基準点が208.5点以上と

高騰し、翌年の平成16年度司法書士試験の基準点は

197点と大幅に下がっている。

各予備校が司法試験経験者向けに

講座を設定しているように、司法試験経験組からの

流入も続くので、来年度以降も激戦は続く。

努力を惜しまず勉強を継続していくしかない。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成19年度司法書士試験の回想3

午後の択一は、苦手の民事訴訟法が

意外と平易であり助かった。

ただし、午前択一で第一問目の憲法

で一番悩み結局間違えたのと同様、

午後択一の第一問目の民事訴訟法で

一番悩み結局間違い。

第22問目は回答2としたが、

各予備校で回答が1、2、3と

割れている状況。受験生としては

一問の重みが非常に重いので、

プロの予備校でも回答が分かれる

問題は厳しいです。

第22問目が2が正解なら、

午後択一は31問正解。

午前択一30問正解と合わせて

択一合計61問正解。

ネットの2チャンネル掲示板を見ると、

午前・午後択一合計で60問越えは

かなりの人数に上るとの記載ばかりで、

合格基準点がかなり上がるとの予想。

書式はどのように採点されるか

全く不明なため省略します。

結局、来年の試験に向けて、

勉強を継続することにしたところです。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平成19年度司法書士試験の回想2

昨日に続いて、試験2ヶ月経過後の

回想。9月26日が少しずつ近づいており

心が落ち着かないためか、なぜかこの時期

になっての回想。

試験の席は一番前。

前年の行政書士試験も、

今年のWセミナーの第3回模試

(学習院大学会場)も一番前だった

な、と思いつつ着席。

午前択一は、憲法の1問目が見慣れない

問題で一番悩み結局間違い。

大抵の人は、午前択一は70分位で解き終わる

らしいが、私は全部解き終わったのは

終了の3分前位。結果は30問正解。

昼食は、妻がとびっきり美味しい

愛妻弁当を作ってくれたので

(のろけか?)試験場で食べることが

できた。日曜日でもあり、

試験場の外にはあまり食べる所もなく

弁当持参が正解。

昼食後は外の空気を吸いに

試験場の早稲田大学構内を

ぶらぶら歩くが、たくさんの受験生が

真剣に参考書を見て勉強しており

この試験に対する多くの受験生の執念

を感じる。

午後の回想は、明日以降記載します。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成19年度司法書士試験の回想1

平成19年度司法書士試験は

東京会場(早稲田大学)で受けた。

Wセミナーの司法書士竹下貴浩氏の

著書に書かれていたことを参考にして

願書受付期間の最終日に試験の申込みをした。

(①やる気のある優秀な受験生は

願書受付期間の初日に申込む傾向がある。

優秀な受験生は、特に午後の択一を終え書式に

取り掛かる時間が早く、試験時間中に焦ってしまうことと、

②最後の方に申込む人は試験当日に

欠席する割合が高く、結果として周りが空席で

落ち着ける。との理由だったと思います。)

実際の試験当日は、周りに空席はあったものの

書式に取り掛かる時間は、以外に早く

少々焦った。(午後の択一が

例年よりも回答し易い問題が多かった

ためか?)

午後の3時間の試験は、時間との

勝負だと感じた。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨田支部長にご挨拶

自宅兼事務所が墨田区のため、

東京都行政書士会墨田支部に

所属することになり、

本日、墨田支部長にご挨拶に

出向いた。

墨田支部長は、

東京都行政書士会の綱紀委員会

の委員長でもあるので、お会いする前は

かなり緊張したが、温和な先生であり

ご迷惑を省みず長居をしてしまった。

東京都行政書士会墨田支部の現状について

詳しくお話をお伺いした。

本日は時間がなく、司法書士の勉強は

不動産登記法・商業登記法の

「択一・記述ブリッジ」(早稲田経営出版)を

1問ずつ行ったのみ。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験3

今日も、メイン4科目の過去問を

1年分行った。

記憶は曖昧なもので、繰り返し

行わないと頭に定着しない。

手が回らない、残りの7科目の記憶が

薄れないか心配しながらの

毎日が続く。9月26日の合格発表で

合格していれば、10月に行われる口述試験の勉強をし、

不合格ならば、仕事をしながら、並行して

来年の試験に向けて、再度本格的に勉強

する決意である。

直近一年は高校・大学受験の頃より

はるかに勉強しているので、

今が人生の中で、一番勉強している

時期かもしれない。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験2

とうとう、司法書士試験合格発表の9月26日(水)

のある9月になった。

今年の司法書士試験があった7月1日からは、早くも2ヶ月経過し

たことになる。

それにしても、試験日後から合格発表日までの

約3ヶ月は長い。試験直前の3ヶ月は気が張り詰めていて

あっという間であり、むしろ試験前の3ヶ月の方が

気分的に楽だ(と、今だから言えるのかもしれないが…)。

司法書士試験は、憲法、民法、刑法、商法(会社法)、

民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、

供託法、司法書士法、不動産登記法、

商業登記法の11科目の択一及び

不動産登記法と商業登記法の書式で行われるが、

この時期はメイン4科目の民法、商法(会社法)、

不動産登記法、商業登記法の択一の勉強が中心

となる。

今日は、メイン4科目の過去問1年分を行った。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »