« 司法書士試験勉強の回想3 | トップページ | 司法書士試験勉強の回想5 »

司法書士試験勉強の回想4

■答練の活用

○Wセミナーのホップ・ステップ・ジャンプ

コースを活用。(今年1月~5月)

○毎週土曜日の午前中に答練を

受け、その日の内に択一は①間違った問題、

②その他の問題、の順で全問題復習。

①の間違った問題は肢ごとの解説を読み、

間違いノートに記載し、翌朝再度見直し。

②の正解した問題は、気になった肢の

解説のみ読む。

○答練の記述式は、正誤に関わらず

解説に目を通す。

○2週間後の日曜日に、択一の

間違えた問題及び

正誤を問わず記述式に

再度チャレンジ。

■答練のメリット

○本試験の問題レベルや時間配分

に慣れることが可能。

○周りの多数の優秀な受験生に

刺激されるので、普段の勉強も

一層集中して取り組むことが可能。

○曖昧な記憶は、回答を誤らせることに気付く。

(答練では、曖昧な記憶のままだと間違った方向に

誘導されるであろうことを狙った問題もある。

曖昧な記憶は非常に危険。)

■答練のデメリット

○費用が高い

○答練の受講・復習で、丸1日潰れ、

通常の過去問中心の毎日の勉強が

中断される。

○思い通りの点数を取れない時は

精神的にへこむ。

■1週間に1日は勉強を全くしない休みの日

を設定した方が良いか。

○合格体験記を読むと、週1日は全く勉強せず

休みの日とする合格者もいるようです。私は、

休みの日は設定せず、毎朝6時に起きて、

10時間~12時間の勉強をする

生活を変えませんでした。単に

休む余裕が無かったからです。

今年は正月も朝から晩まで勉強

してました。

■スランプ脱出法

○本試験が近づくにつれて精神的にきつくなり、

今まで解けていた問題が解けなくなったりと

することもありました。そのような時は、

司法書士試験合格者の「合格体験記」を

勉強の合間に読みました。

大抵の合格者も壁にぶち当たり、悩みながら

勉強してきたことが分かり、気持ちが落ち着きます。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

|

« 司法書士試験勉強の回想3 | トップページ | 司法書士試験勉強の回想5 »

司法書士試験勉強方法について」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。主婦をしながら司法書士試験突破を目指している者です。
今年の本試験も終わり、プレッシャーから開放され精神的には少しほっとしているといったところです。
しかし、択一の基準点はおそらくクリアしたと思われますが(まだ予備校の基準点も出ていない状況で、例年の基準点を考慮した上での自己判断です)、解答速報を見た限りでは不動産登記法の記述式にかなりの不安材料があり、来年に向けてどうすればいいかできるだけ早い段階で自分の方向性を決めようと思い、メールさせていただきました。
大手予備校ではよく行政書士とのダブルライセンス取得のため本試験の結果が出るまでの夏の間に行政書士の勉強を勧めていますが、このような状態で今年の行政書士の試験に手を出すのはやはり無謀でしょうか。

投稿: ちっくぶーま | 2008年7月 8日 (火) 14時17分

ちっくぶーまさん!
司法書士試験お疲れ様でした。
今年の試験問題を見ていないので、
安易なことは言えませんが、
昨年の司法書士試験の基準点が高騰したので、
今年は例年以上に難解だったのでは
ないでしょうか?

択一で基準点クリアされる実力者なので、
行政書士試験(11月9日)も、
余裕で突破された方が良いと思います。
無謀なことでは全くないですし、
行政書士試験は独学で充分だと思います。
その理由は、
①憲法・民法・会社法が同一
(行政法と一般教養が加わるのみ)
②司法書士試験と比較し問題が簡単
③行政書士試験は、基準点が低く合格率が高い
④司法書士開業後、
行政書士登録をしている方が仕事の幅が広がる

司法書士試験合格後も、
新人研修・実務等で、日々勉強ですので、
復習を兼ねて気楽に
チャレンジされる方が良いと思います。

投稿: 新米司法書士 | 2008年7月 8日 (火) 20時50分

丁寧なご回答ありがとうございます。
私的なことですがもっと早く(本試験前)にこのHPに出会っていたらと悔やまれます・・・。
さて、行政書士受験ですがまだ少し迷っています。東京法経学院で科目別に講座を開設していて、行政法関連だけ受講しようかどうしようか迷っています。ただ、これは平成19年度向けに収録したものをアウトレット価格で販売しているというものなのですがいかがなものでしょうか。
もしご存知でしたら教えてください。

投稿: ちっくぶーま | 2008年7月10日 (木) 09時30分

ちっくぶーまさん、
ご返信どうもありがとうございます。

行政書士試験の件ですが、
行政法は市販の問題集等で
足りると思います。
あくまで私見ですが…。
理由は、
①司法書士試験勉強を
された方の場合、
行政書士試験の憲法・民法・会社法は
余裕で解けると思いますので、
たとえ行政法で失点しても
全体で充分に点数を稼げる。
②予備校の講座は、一般的に値段が高い。
(寡聞にして、東京法経学院で科目別の
講座があることは知りませんでした。)
 
私の場合は、
行政書士試験を先に受ける形になりましたが、
行政書士試験対策は殆どせず、
あくまで翌年受ける司法書士試験の
腕試し程度に考えていました。
よって、
行政書士試験用の答練・模試も受けていません。
行政法は、妻が以前使用していた
通信教育テキストを就寝前に読む程度でした。
司法書士試験と重なる科目は
司法書士試験向けの勉強をし、
一般教養科目は、毎日、新聞を読む程度で
問題集等は購入しませんでした。

 

投稿: 新米司法書士 | 2008年7月10日 (木) 22時50分

ご回答ありがとうございます。
受験仲間があまりいない私にとってとても貴重なアドバイスとなりました。
どうもありがとうございました。

投稿: ちっくぶーま | 2008年7月11日 (金) 09時26分

初めまして、以前より時々拝見させて頂いておりました。

>行政法は、妻が以前使用していた
>通信教育テキストを就寝前に読む程度でした

とありますが、奥様も行政書士等有資格者で、夫婦共同で事務所をされているのでしょうか?

私も将来夫婦で開業を目指しているものですから、おー憧れの姿がここに、と思わず書き込みさせて頂きました。

検討外れでしたら、申し訳ありません。

投稿: yokko | 2008年7月14日 (月) 21時59分

yokkoさん!
コメントありがとうございます。

妻は、行政書士ではありません。
yokkoさんは、
夫婦で一緒に開業を
目指されているとのこと、
素敵です、羨ましいです。
夫婦で同じ目標に向かって
頑張っていらっしゃる姿に
憧れます。


投稿: 新米司法書士 | 2008年7月15日 (火) 08時55分

お久しぶりです。
憶えていらっしゃいますか?
あれからやはり行政書士試験受験を決心し、おかげさまで合格することができました。
しかし、やはり司法書士の方は記述式が基準点に満たず不合格、いまだ勉強中です。
そこで、また質問させていただきたいことがあります。
記述式を克服するにはどうすればよいのでしょうか。私の場合、予備校の答練や問題集を繰り返し解いているのが現状なのですが、どうしても択一優先になりがちでおろそかになってしまうこともあります。

投稿: ちっくぶーま | 2009年2月 5日 (木) 12時52分

ちっくぶーま様、お久し振りです。
返信が遅れ、大変申し訳ございません。

行政書士試験、合格おめでとうございます!

司法書士試験の記述式の勉強については、
私自身も受験生時代に悩みました。

普段の勉強は、
竹下貴浩先生の「ブリッジ」実戦編の
不動産登記法・商業登記法を
毎日1題ずつ行った上で
間違えたところは解説を熟読し、
更に「ブリッジ」理論編の該当箇所で
補強することが近道だと思いました。
記述に関しては、
「ブリッジ」以外、購入すらしていません。
良く言われることですが、
手を広げ過ぎず、良問を繰返し解くことが
非常に重要だと思います。

Wセミナーの答練で、解答時間を意識しながら、
毎回本番の試験と同じ気持で解き、
必ずその日のうちに復習し、
数週間後に再度解いてみることを
繰り返していたと思います。

択一の基準点が非常に高い試験ので、
試験合格のためには、
ある程度、択一に比重を置くのが
正しいと思います。
記述は、実務で必須なので、
実務家になって、
バリバリ活躍している
ご自身の姿を想像しながら、
たとえ短時間でも緊張感を持って
取り組んでみると良いかもしれません。

健康には充分ご留意の上、
7月の試験に向けて頑張って下さい。


投稿: 新米司法書士 | 2009年2月 8日 (日) 21時58分

いつもながらご丁寧なお返事をありがとうございます。
実は私が現在使用している問題集も竹下先生のブリッジです。
やはり手を広げすぎないほうがよいのですね。
ブリッジとWセミナーの答練をフル活用して反復継続していこうと思います。
アドバイスどうもありがとうございました。

投稿: ちっくぶーま | 2009年2月10日 (火) 23時10分

ご無沙汰しております。
おかげさまで司法書士試験筆記試験に合格することができました。
ありがとうございます。
そこで、毎度のことながらアドバイスをいただきたくまたコメントさせていただいた次第です。
佐野先生は口述試験対策としてどのようなことをなさっていたのでしょうか?
お時間があれば是非教えてください。

投稿: ちっくぶーま | 2009年9月30日 (水) 20時08分

ちっくぶーま様、
合格、おめでとうございます!!
心よりお祝い申し上げます。

口述試験は、
①各受験予備校が発行する
口述試験対策レジュメを
ネット等から早めに取り寄せて、
熟読した程度だったと思います。
②各受験予備校が口述模試を行いますが、
時間が無かったため、受講しませんでした。

受験当日まで、
体調管理に十分ご留意されることが、
最も重要だと思います。

今後、長丁場の研修が続きますが、
頑張って下さい。

投稿: 新米司法書士 | 2009年10月 1日 (木) 08時42分

早々にコメントを下さりいつもありがとうございます!!
昨日レックにて口述模試を受講し、今は各予備校で発行されている対策本に目を通しているところです。
筆記試験後三ヶ月間は記述式を解く程度の勉強しかしていなかったため、必死で記憶を呼び覚ましています。
あと残り少しですが、後悔のないように精進します。
ありがとうございました。

追伸、先週の金曜日にコメントを送信させていただいたと思っていたのですが、不具合があったようで送信できていませんでした。お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。

投稿: ちっくぶーま | 2009年10月 5日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438246/8416879

この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士試験勉強の回想4:

« 司法書士試験勉強の回想3 | トップページ | 司法書士試験勉強の回想5 »