« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年を振り返って

2007年も残りわずか。

今年は1月の行政書士試験合格発表により、

8月に行政書士事務所を開業。

妻が、司法書士試験勉強疲れを心配して、

気晴らしにと誘ってくれ、4月に一緒に観た映画「ホリデイ」は、

心に残る感動の一作でした。

6月,懸案だった妹の結婚式が地元で無事行われ、

久々に親類縁者一堂に会することができた。

10月の司法書士試験最終合格発表により、

12月、東京司法書士会主催の司法書士新人研修に

参加させて頂いた。年男であったこの1年は、

最良の1年であり、大きな転機を迎えた1年でした。

ただし、「人間万事塞翁が馬」であり、

来年も気を引き締めて臨みたいところです。

様々な局面で支えて頂いた、周囲の人々に、

心から感謝の気持を述べたいです。

この1年、ありがとうございました。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根駅伝

あと3日で箱根駅伝。

今年の正月は、司法書士試験勉強に

全て費やしたため、正月らしいことは全くできず、

従って正月恒例の箱根駅伝もTVで

見ることは無かった。

今回はゆっくりTV観戦できそうなので

今から楽しみ。

新婚の頃は、住まいが鶴見中継所の

目の前であり、箱根駅伝をライブで

堪能していた。母校の伝統のたすきを

必死でつなぐ選手の姿には感動する。

昨年の総合優勝校のように、往路6位、復路2位の

結果に終わったが、結果的に往路復路の合計タイムが

1位であり、まさに総合力が決め手となるケースや、

例年、良く目にする光景として、

前評判が高く優勝候補と言われながら、

ある区間でたまたま選手の体調不良などから

大きく順位を落としてそのまま敗れてしまうチームなど、

どこか司法書士試験に通じるところがあるような気がする。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別研修と関東ブロック新人研修の案内到着

「第7回司法書士特別研修」は、無事に

第1希望の東会場(麻布)で受講可能となった。

2月は平日が1~3日、土日は全て特別研修で埋まる。

「関東ブロック新人研修会」の案内も

別便で到着。

3月2日(日)に特別研修が終了した後、

休む間無く3月3日(月)~3月9日(日)まで。

最寄駅は横須賀線の東戸塚駅。

関東ブロック研修は、

軽装(セーターやスラックス等の普段着)で

可とのこと。

特別研修の日程が判明したので、過去のブログ記事

の「司法書士研修日程http://la-la3.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_2289.html

を変更。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀戸へ

ほんの数時間前に「VSOP」の話をブログに

記載した影響か(?)、ひょんなことから

亀戸で行われている酒席に呼び出された。

中央研修資料の「司法書士の訴訟関連業務と

業務規制(27)」を読んでいる途中だったのだが。

自宅から亀戸までは徒歩で行けるので楽。

店に着いたら、既に、皆気持良く出来上がっている様子。

一応、営業活動しつつ飲んでしまい、

たった今、帰宅したところ。

お偉い方々ばかりでやや緊張したが、

皆さん寛大に接して下さったおかげで、

ついついご好意に甘えて楽しんでしまった。

普段の営業活動は、今回のような

寛大な方々ばかりでなく苦労するのだけれど…。

佐野行政事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VSOP

「VSOP」と言っても、お酒(コニャック)の話ではない。

仕事に臨む姿勢等について、

様々な会社で語り継がれているらしい格言。

「V」はバイタリティの頭文字、20代の仕事に対する姿勢。

「S」はスペシャリティの頭文字、30代が仕事上で目標とすべきこと。

「O」はオリジナリティの頭文字、40代になれば自身の仕事に

若い頃よりも創意・工夫が加わる。

「P」はパーソナリティの頭文字、50代でこれまでの自身の仕事の

あり方に個性・人格が組み合わさり、最上級の仕事ができるようになる。

と、言うような内容を指すらしい。

会社勤務時代(20代~30代前半)にバイタリティを持って

仕事に臨んできたか、スペシャリティと言える役割を果たしたか、

甚だ怪しいところである。

差し詰め、司法書士試験勉強の「VSOP」は

牽強付会な私見ながら、次のようになるか?

V=「ボリューム」…試験範囲が膨大(ボリューム)であることの把握

S=「スケジュール」…試験当日までの勉強計画

O=「アウトプット」…答練・模試等を利用した演習

P=「ピーク」…試験当日に、いかに自己の実力を最上級に持っていくか。

と、こんな駄文を書いている暇は無い、

司法書士中央研修の事前課題を早く終えなければ…。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士中央新人研修資料の追加

本日、司法書士中央・ブロック新人研修資料の

追加分として「家事審判手続の実務」と題する

厚い冊子が届いた。

ものすごい要綱・資料の山を前に、たじろぐ自分…。

事前課題の表紙に書いてある、『「事前課題3」は提出の

必要ありません』の「事前課題3」はどこにあるのか?

事前課題1は、抽象的な問いが多く悩む。

法令に精通していない者はどうするか。

最善のサービスとは何か。自分のブランドとは何か。

って回答としてどのような事を書けばいいのやら?

出題者である升田先生の華麗なる略歴、幅広い分野の

著書・論文一覧を見ると、一筋縄では行かないのだろう…。

(参考:司法書士中央新人研修講義要綱ⅠのP126~P127)

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士中央新人研修資料到着

「平成19年度司法書士中央新人研修」

の講義要綱等、研修資料到着。

講義要綱は5分冊でかなりのボリュームがあるが、

1月18日の中央新人研修開始までには

一度は目を通しておきたい。無理か…?

初日の受付時に提出が必要な事前課題もあり、

なかなか大変そう。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修最終日

昨日は東京司法書士会主催の

新人研修最終日。

修了証書授与式と懇親会が

行われた。約260名が

12日間の全日程を終え

充実感が漂っていた。

懇親会は開放感に溢れ、

とても楽しく多くの出席者の方々と

お話させて頂いた。

Wセミナーお茶の水校で

今年1月から答練を受講していた際は、

毎回土曜日の朝9時半から開始の答練

を受けていた。(Wセミナーの答練は

金曜日1回、土・日曜日は各3回の時間帯で

行われる。)

その時にいつも決まって同じ席で

その教室で一人だけ、悠然と構えて落ち着いて

受講していた方がいた。

私は、いつもその方の真後ろか、一つ席を空けた後ろ

に座り落ち着いた雰囲気を見習おうと思っていた。

その方に似ている方がいるなあ、と研修初日から

気づいていたが、昨日思い切って声を

かけてみたら、やはり答練受講の際の

方と同一人であるUさんだった。

Uさんは答練成績優秀者の常連で、

大学の専攻、勤務先の職種ともに

法律とは異分野ながら合格した優秀な方

である。久しぶりにWセミナーの答練の話などで

盛り上がってしまった。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修11日目

昨日は研修11日目。

成年後見の実務及び

家事審判・遺言執行の実務に

ついて講義が行われた。

成年後見の実務とは、

実際どのようなことをするのか

興味深かった。成年後見実務に

関する講義は、豊富な具体的事例と

講師のユーモアあふれる語り口で

実務のイメージを掴むことができた。

司法書士中央新人研修でも、別の講師

による成年後見に関する講義が

行われるので楽しみ。

11日間に及ぶ研修を受けて、

司法書士実務の幅広さ、奥深さを

垣間見ることができた。

講師である東京司法書士会

所属の司法書士の方々に対しては、

司法書士業務の後でお疲れのところ、

18時から21時の3時間に及ぶ熱意の

こもった講義をされているので

さぞかし大変だっただろうと思い

感謝しています。

本日は司法書士会館で

修了証書授与式と懇親会が

行われ、東京司法書士会主催の

新人研修が終了します。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修10日目

昨日は研修10日目。

「クレジット・サラ金問題の相談と実務」に

ついて講義が行われた。

以前、国民生活金融公庫で

長らく融資審査を担当していた際、

個人事業者の中でサラ金を利用している人は

意外と多かった。サラ金やノンバンクの

利用が一社のみという方は稀で、

大抵は数社利用しており、

毎月の返済負担が重かったようだ。

また、入社2年目の頃は債権回収を

担当したので、返済条件緩和相談も

数多くこなした。

融資審査や返済相談を勤務時代に経験したことで、

借りる側の心情等は少しは理解できているつもりなので、

今回の講義分野は、司法書士事務所開業後に

取り組んでみたいところです。

本職2名の方が時間を分けて講義を担当され、

共通して推薦・参考図書として挙げた書籍は

「クレジット・サラ金処理の手引き(4訂版)」(東京弁護士会、

東京第1弁護士会、東京第2弁護士会編)だった。

(12月20日追記)上記の書籍は、当ブログに

コメント頂いたNさんのご協力により、

下記サイト(弁護士会館ブックセンターWEB)で

購入可能であることが分かりました。

Nさんどうもありがとうございます。

http://www.b-books.co.jp/bbc/bengosiBook.php?fgana=K

今日は新人研修休み、明日は

「成年後見の実務」と「家事審判・遺言執行の実務」

について、研修最後の講義が行われる。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (5) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修9日目

昨日は研修9日目。

企業法務の相談と実務について

講義が行われた。

受講前は、司法書士が行う企業法務については

イメージが湧きにくかったが、具体事例を交えた

講義により、司法書士が活躍できる場面が

多岐にわたっていることを知った。

単に登記を請け負うだけでなく、その前段階から

関与し、法律的付加価値をいかに付与できるかが

ポイントのようだ。

講師の司法書士は、中央研修(つくば)でも

企業法務につき講義を行うとのこと。

本日の研修は、クレジット・サラ金問題の相談と実務について。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修8日目

昨日は研修8日目。

商業登記の実務のうち、

株式・新株予約権の法務と登記に

ついて講義が行われた。

新株予約権は非常に奥が深く、

当然のことながら、

実務は司法書士試験勉強の

レベルをはるかに超えていることを

痛感させられた。研修資料に実際に

使用している書式や実務上の注意点等が

掲載されているのでしっかり復習しようと思う。

商業登記については、2日間の講義が行われ

2人の司法書士が共通して勧めた実務用書籍は、

「論点解説 新会社法 千問の道標」と

「商業登記ハンドブック」(いずれも商事法務)

だった。

来週月曜日(17日)の研修内容は企業法務の相談と実務。

 そういえば、研修時私の真後ろの席の方から指摘され、

偶然にもその方が私と全く同じカバンを持参していることに

驚いた。席順は申込み順に指定されているので

恐ろしいほどの偶然。偶然といえば、

私の母と妻の妹の名前が同一。極めつけは

私の自宅マンション(約180戸)の隣の部屋を購入したのは、

以前国民生活金融公庫の同じ支店に勤務していた人!

無論、購入時に打ち合わせしたり、元々近所に

住んでいたのでもない。

 昨夜からアクセス数が急増していたので、

リンク元を調べてみると、かの有名な耳呈さんが

同期ブログとして、私を含めた

平成19年度司法書士試験合格者の方々の

ブログを紹介していただいていることが判明。

耳呈さんのブログ⇒http://mimitei.jugem.jp/?eid=420

ありがたいことです。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修7日目

昨日は研修7日目。

商業登記のうち、設立登記と

変更登記について学んだ。

講師自身の具体的経験に基づく

説明は分かりやすかった。

講師は、私が来年の司法書士事務所開業時に

所属するであろう東京司法書士会墨田・江東支部の

司法書士であったため、研修終了後に

ご挨拶させて頂いた。

 先日、ある会合で偶然一緒になったHさんと

やっと新人研修会場でお会いすることができた。

今回の東京司法書士会主催の新人研修は、参加者が261人

いるので探すだけでも結構大変。Hさんはその会合の抽選会で

牛肉3か月分を当てた幸運な方です。

その時は3ヶ月、毎日肉食べ放題だねと話していたが、

昨日聞いてみると、

毎月1回当月分の牛肉が送られてきて、それが3ヶ月続くが、

1回あたりの量はとても1か月分とは思えない

少量の牛肉だったそうです。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修6日目

昨日は研修6日目。

相談の受け方及び開業体験談だった。

加入を予定している、東京司法書士会墨田・江東支部は

法務局での相談会を東京司法書士会の中で

一番活発に行っており、毎日開催しているとのこと。

開業している司法書士3人の方々と司会の方による

開業体験談は非常に参考になった。

私が予定している司法書士事務所と行政書士事務所の

兼業のメリット・デメリット、開業資金、開業後の営業方法等に

ついて教えて頂いた。

営業方法は各人様々であり、他人の真似ではなく

自分が力を入れて取り組みたい業務の方向性や

5年後・10年後の司法書士としての自身の姿を

イメージしながら営業活動をしていくべき旨の

本職のお話が印象的だった。

今日と明日の研修は商業登記の実務について。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修5日目

今日は研修5日目。

18時からの通常研修に先立ち、

希望者向けに

13時半から東京法務局見学が

行われた。

国民生活金融公庫勤務時は、

融資審査を担当していた際に

顧客が不動産担保を希望すると

法務局に行き、公図、地積測量図、

建物図面をコピーしてから、

接面道路の所有者調査をし、

それから現地調査に向かい

結構大変な作業だった。

よってこれまでも法務局には行き慣れて

いたものの、今回は法務局の

不動産登記・商業登記・成年後見登記・

供託の各部門の執務室内部

にまで立ち入り、職員が執務をする様子や

仕事の流れを見学することが出来て

とても貴重な経験だった。

通常研修までの空き時間は

Yさんと今後の研修等に

ついて喫茶店で情報交換。

通常研修は、表示登記と

税金に関する基礎知識だった。

基礎知識となってはいたが、

司法書士試験勉強では

あまり触れていない事項なので

難しかった。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修3日目

昨日は研修3日目。

不動産登記に関する講義だった。

銀行再編があったため、

抵当権抹消の際にも

細心の注意が必要で

あることが分かった。

以前勤務していた国民生活金融公庫も

来年10月以降は、他の政府系金融機関

と統合し日本政策金融公庫になるので

同様の注意が必要となる。

国民生活金融公庫入社1年目の時は

契約・回収業務を担当し、

担保設定依頼の際や担保抹消のため

担保物件を任意売却する際に司法書士に

書類を渡しチェックしてもらっていたが、

迅速・的確に事務を行う姿勢に

尊敬の念を抱いていた。

この司法書士の仕事振りを

目の当たりにした経験が後々に

司法書士になろうと決意する

きっかけになったと思う。

 先日、当ブログにコメントしてくれた

Nさんと名刺交換しご挨拶すること

ができた。

 研修会場で販売していた

司法書士手帳も購入することができた。

 会社勤務の頃の研修といえば、

いつも途中で眠ってばかりで

不真面目な受講態度だったが、

今回の新人研修は

興味深い講義ばかりなので、

睡魔に襲われることは皆無。

本日も不動産登記に関する講義で

楽しみ。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修2日目

今日は不動産登記に関する

講義だった。

具体事例を交えた講義は

興味深いものだった。

今日は研修開始前に、

特別研修の必読書等を

東京高裁地下の至誠堂書店と

東京高裁近くの法曹会館に

購入しに行った。東京高裁に入る際の

物々しい警備体制には驚いた。

「改訂問題研究要件事実」

「要件事実ノート」

「民事訴訟法講義案」の3冊を購入した。

本日は、当ブログにコメントしてくれたKさん、

Wセミナー答練の際、同じお茶の水校で

同じように成績優秀者に

氏名が掲載されたNさんにご挨拶ができた。

他の合格者の方々ともお話させて頂いたところ、

試験半年前まで勤務していたり、

勤務したまま合格した人もおり、

すごいなあと感心させられる。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京司法書士会主催研修初日

昨日は研修初日。

席は申込順らしく、

最前列の席が

指定されていた。

申込開始日の午前9時ジャストに

申込書をFAXしたから

やむを得ない。

分厚い3冊の資料が交付され

いよいよ研修モードに突入。

初日のテーマは倫理・綱紀であり

退屈な内容かと思いきや、

現役の本職による講義は

具体事例を交えており

非常に興味深いものであった。

本日は不動産登記実務

に関する講義であり楽しみ。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »