カテゴリー「司法書士試験勉強方法について」の10件の記事

司法書士試験勉強の回想10

■答練について

○答練はWセミナーの

ホップ・ステップ・ジャンプコースを

今年の正月明けから受けました。

他社の答練は受けたことがないので

比較はできませんが、Wセミナーの

答練は内容的には満足でした。

○答練を受けることで、

択一は過去問で理解しているつもりに

なっていた事項が、異なる角度から

問われると実は理解不足であることが

判明することがありました。

○記述は決められた時間内に実際に

答案に記述する訓練になり、回を重ねるごとに

コツが分かってきました。

(答練受講最初の頃の記述式は、

問題文を斜め読みし、

解答を記述しているうちに勘違いに気づき

書き直して時間不足に陥るケースが

多かったです。答練受講の途中から

最後の頃にかけては、まず問題文を

完全に把握してから、書き出すようにすることで

書き直すことによる時間のロスを

なくしました。至極当たり前の

ことが答練初期段階では出来ていなかったのですが、

約5ヶ月間に及ぶ答練期間中に軌道修正し

本試験に臨めたので良かったです。)

○答練により、自身の間違えるパターンや

弱点分野がある程度明確になるので、

答練受講と並行してそれらを修正して

いけば、本試験でのミスを

最小限に抑えることが可能に

なると思います。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想9

■過去問について

○司法書士試験勉強中は、

択一は過去問を繰り返し解くことを

勉強方法の中心に据えていた

ため、時にはこの方法で

合格レベルに達するか否か

不安に思うことも正直ありました。

○過去の新聞記事によれば、

過去に自身の大学入試に出題した問題を

再度出題するだけでなく、他の大学で過去に出題した

大学入試問題を再出題することも検討しているとの

ことです。各大学の個性が尊重されるべき

大学入試試験でさえ、過去に出題された良問

(しかも他の大学の過去問であっても!)は

使われるのです。もちろん、入試問題作成の

マンパワーの問題も背景にはあるようですが…

○各大学の個性重視の大学入試ですら、

そのような動きがある中で、一定の方向性を持つ

司法書士試験では過去に出題された良問は表現を

変えてでも再度出題されるのでしょう。

即ち、司法書士試験は一定の実務能力を測る目的で

毎年問題作成が行われているとすれば、

過去の傾向から大きく逸脱した問題が

出題される可能性は低く、一方重要事項は

年を経て再度出題されるのだと思います。

○今年の午後科目の基準点が

例年に比し上昇したのは、

過去に問われた事項が多く出題

されたことが一因です。

やはり過去問を繰り返し解くことは重要なようです。

■手を広げすぎることの危険性

○過去問を解くことに慣れてくると(慣れるまで

には、とにかく毎日繰り返し辛抱強く解き続けましたが)

様々な市販の参考書・問題集に手を広げたくなります。

受講生が多い予備校の答練を解くこととは異なり、

市販の問題集は多くの受験生が目にするとは思えないので

あまり得策ではないと思います。

○私が答練で誤答するパターンとして、

5肢のうち1肢(例えばア)が条文や判例、過去問で

確実に理解しているため

正解と即答でき、

5肢のうち2肢(例えばイ、ウ)が同様に

間違いと即答出来る場合に、残りの2肢(エ、オ)で

迷うケースでした。

大抵そのような場合、選択肢はアエ、アオで

組まれていて、エは曖昧に覚えていた肢だが

過去問で同じような肢を見たことがあるような気がする、

しかしオは全く見たことがないとなると

曖昧な記憶を信じてアエと解答し、

結局間違いとなるのでした。

○このようなケースの場合、当然のことながら、

肢エの正誤を曖昧でなく、きちんと判断できれば

肢オが全くの初見であっても正解に達することが

できます。手を広げすぎると曖昧な知識が

増える確率は高まり、危険だと思います。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想8

■良い参考書に出会えた幸運

○合格体験記を読むと「使用する参考書等は

絞り込み、手を広げすぎないこと」と

指摘する方が多い。

○今年の司法書士筆記試験の

記述式の商業登記法では、

使用する書物はまさに

「択一・記述ブリッジ商業登記法実戦編」

(早稲田経営出版 竹下貴浩著)のみで充分だった。

以下、本試験の問題と同書籍の共通点。

○本試験の募集株式の発行は、自己株式を

含むケースであったが、同書籍の第6問、第9問

と問いの設定がほぼ同一。

○代表取締役の資格喪失退任を解答

させるのが、同書籍の第5問と同一。

○監査役設置会社の定めの廃止、

会計参与設置会社の定めの設定、

及び監査役退任と税理士法人を会計参与就任登記

を解答させるのが同書籍の第5問と同一。

○社外取締役の登記について、

同書籍のP285ページの「関連事項」に

解説あり。

○責任制限規定を登記することにつき、

同書籍のP285ページの「関連事項」に

解説あり。

○登記申請すべきでない事項として、

「取締役の責任を取締役会決議で一部

免除することができる規定の設定」が

監査役設置会社でなくなったことに

起因するとの問題設定が、同書籍の第5問と同一。

○同じく登記申請すべきでない事項として、

「優先株式の内容の変更」。

種類株式を「取得条項付株式」とする

定款変更は、当該種類株式有する株主全員の

同意が必要であることは、同書籍の第11問

(同書籍では種類株主全員の同意を得たうえで

登記ができる設定になっている)

及びP191ページの「関連事項」の解説のとおり。

○これだけ論点を的中させており、

周知のことながら、Wセミナーの

竹下貴浩氏はすごいの一言。

信頼できる著者の書物をとにかく

繰り返し熟読し、他の書物に

手を広げすぎないことが重要であることの

一つの証左であると思います。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (8) | トラックバック (1)

司法書士試験勉強の回想7

■試験勉強について

○司法書士試験に合格し、勤務司法書士に

なるにしても、開業するにしても日々の勉強は

欠かせません。

結局のところ司法書士試験合格は、

当然ながら目的ではなく手段であり、

私を含めた受験生の皆様が、この先何十年と

崇高な使命感を持ち司法書士としての

業務に邁進していくため、そして大いなる

第1章以降を刻んでいくための序章です。

なんて偉そうな事は、試験勉強中は思いも

しなかったことです。本当に毎日毎日、目の前の問題を

解くことで精一杯でしたから…

■行政書士試験について

○司法書士受験生は、既に

行政書士資格を取得している人が

多いようです。私は昨年、司法書士試験

勉強と並行して取得しました。

○憲法・民法・商法は、司法書士試験の勉強

をしている受験生には対策は不要です。

また、一般教養の足きりラインも昨年から

4割正解に下がったので対策は不要でしょう。

○問題が行政法。法令科目の約半分を

占めるこの科目が合否を決めるでしょう。

妻が以前に受講したユーキャンの

通信講座の行政法テキストを

行政書士試験1ヶ月くらい前から

就寝前にパラパラめくっていた程度だったので

本番の行政書士試験では冷や汗ものでした。

○行政法さえしっかりやれば、司法書士受験生に

とって合格はほぼ堅いので、行政書士未取得の方は

来年の司法書士試験合格後に受験を

お勧めします。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

司法書士試験勉強の回想6

■答練の記述式(追加)

○Wセミナーの場合、毎回全国版の

総合成績表が交付され、その中に

「記述式添削結果講評」というページが

あり、読むのを楽しみにしてました。

○この講評ページには、小問や記載項目

ごとに多かった間違い、あるいは

逆に全体的に良く出来ていた等の

コメントが記載されています。

○自分が間違っていた箇所なのに、

講評ページでは、

ここの箇所は良く出来ていたとの

コメントがあるものは、

猛省し重点的に解説を読みました。

また、多かった間違いとして

具体的に指摘されている事項は

もし正確に解答できれば、かなり点数に差がつく

と思い、これまた重点的に解説を読みました。

(多かった間違いとして指摘されている事項は、

自分自身も大抵は同じ間違いをしてました。)

このように、記述式解説をメリハリをつけて

読むのに講評は役立ちます。

■失敗した勉強方法とその対処

○司法書士試験勉強開始の頃は、

まずテキストを読み込むことが大事だと

思い、過去問などの問題演習はやらず

インプットに時間をかけましたが、

法律の心得が皆無だった自分にとっては、

全く意味不明で挫折しそうに…。

早目に過去問中心の

アウトプット中心の勉強

に切り替えたことが良かった。

過去問を解きその解説を読むうちに自然と

定着してくる知識を、後の時期にテキスト等で

再確認していくやり方が効率的でした。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想5

■過去問(択一)を繰り返した回数

○数え切れないほど、繰り返し行った。

(去年の12月までは約25年分。

答練が始まった今年1月からは、

概ね直近約10年分。)

■過去問(記述)を繰り返した回数

○直近5年分を1回~2回解いた後は、

ブリッジ実戦編と答練記述の繰り返し。

記述は傾向や難易度が年度により大きく

変動するので過去問を繰り返すより、

ブリッジ等を繰り返し解く方が有効と判断したため。

■勉強していて理解不能な肢への対応

○条文や参考書に戻り、調べることは

非常に重要ですが、それでも分からない

場合は深追いしませんでした。

誤解を恐れずに言えば、

100%理解することは、短期間では

不可能ですし、曖昧な知識のままで

覚えた気になると、昨日も書いたように

却って誤った方向に誘導される恐れ

もあると思うからです。

曖昧な知識含みで100%

の仕上げをするよりは、

確実な知識のみで80%の

仕上げをする方が有効だと

と思います。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想4

■答練の活用

○Wセミナーのホップ・ステップ・ジャンプ

コースを活用。(今年1月~5月)

○毎週土曜日の午前中に答練を

受け、その日の内に択一は①間違った問題、

②その他の問題、の順で全問題復習。

①の間違った問題は肢ごとの解説を読み、

間違いノートに記載し、翌朝再度見直し。

②の正解した問題は、気になった肢の

解説のみ読む。

○答練の記述式は、正誤に関わらず

解説に目を通す。

○2週間後の日曜日に、択一の

間違えた問題及び

正誤を問わず記述式に

再度チャレンジ。

■答練のメリット

○本試験の問題レベルや時間配分

に慣れることが可能。

○周りの多数の優秀な受験生に

刺激されるので、普段の勉強も

一層集中して取り組むことが可能。

○曖昧な記憶は、回答を誤らせることに気付く。

(答練では、曖昧な記憶のままだと間違った方向に

誘導されるであろうことを狙った問題もある。

曖昧な記憶は非常に危険。)

■答練のデメリット

○費用が高い

○答練の受講・復習で、丸1日潰れ、

通常の過去問中心の毎日の勉強が

中断される。

○思い通りの点数を取れない時は

精神的にへこむ。

■1週間に1日は勉強を全くしない休みの日

を設定した方が良いか。

○合格体験記を読むと、週1日は全く勉強せず

休みの日とする合格者もいるようです。私は、

休みの日は設定せず、毎朝6時に起きて、

10時間~12時間の勉強をする

生活を変えませんでした。単に

休む余裕が無かったからです。

今年は正月も朝から晩まで勉強

してました。

■スランプ脱出法

○本試験が近づくにつれて精神的にきつくなり、

今まで解けていた問題が解けなくなったりと

することもありました。そのような時は、

司法書士試験合格者の「合格体験記」を

勉強の合間に読みました。

大抵の合格者も壁にぶち当たり、悩みながら

勉強してきたことが分かり、気持ちが落ち着きます。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (13) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想3

前々回に引き続き回想…

今回は記述式についてです。

■不動産登記法(記述式)…1日の平均勉強時間(1時間)

○ブリッジ不動産登記法実戦編(早稲田経営出版)

の問題を1問。実際に紙に書いて、その後解説を読む。

■商業登記法(記述式)…1日の平均勉強時間(1時間)

○ブリッジ商業登記法実戦編(早稲田経営出版)

の問題を1問。実際に紙に書いて、その後解説を読む。

各問の最後に記載されている「本問における確認事項」

はポイントが的確にまとめられているため、

本試験前に重点的に見直し。

■択一では簡単に回答できるが、記述になると

うっかり忘れて、漏れてしまう論点に特に注意。

(例えば、元本確定期日の定めがある時は

民法398条の19の1項、2項の

根抵当権の元本確定請求は適用

されない等)

■毎日、記述は実際に「書いて解く」ことで、

反射的に答えを書けるよう訓練。本試験では

午後択一が超得意で短時間で終わらせることが

できる場合でないと、記述は時間との勝負になるため、

素早く記載できる訓練は必要と思われます。

(私も試験終了直前まで必死で書き続けてました)

■答練は、記述式特有の問題文のボリュームと

時間感覚に慣れるために有効だと思います。

ちなみにWセミナーの答練の記述式の問題は、

やや細かすぎると思われる論点についての

出題があったものの解説集が詳しく

理解しやすい構成になっていました。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想2

昨日に引き続き

司法書士試験勉強の回想を…

本日は択一編。

■憲法…1日の平均勉強時間(15分)

○六法掲載判例の暗記

■民法…1日の平均勉強時間(3時間半)

○過去問2年度分

…Wセミナーの答練や問題集などで間違った肢を

過去問の同様の問題ページに

あらかじめ書き込んでおき、そのページの

過去問を解くときに併せて解く。

○コンメンタール民法(日本評論社)の読込み

…条文ごとの注釈及び判例の掲載あり。

過去問で間違った肢の根拠条文の注釈をチェック。

…六法とコンメンタール民法の両方に掲載された

判例は重点的に暗記。

■刑法…1日の平均勉強時間(15分)

○過去問1年度分

○六法掲載判例の暗記

■商法・会社法・商業登記法…1日の平均勉強時間(2時間半)

○デュープロセス(早稲田経営出版)の読込み

○同上該当部分の直前チェック(早稲田経営出版)を解く

○過去問の該当分野部分を解く

■民訴法・民執法・民保法…1日の平均勉強時間(45分)

○過去問1年度分

○デュープロセス(早稲田経営出版)の民訴法部分のみ読込み

■供託法・司法書士法…1日の平均勉強時間(15分)

○過去問1年度分

○暗記要素が多いため、寝る前の読書として

デュープロセスの供託法部分のみ読む。

■不動産登記法…1日の平均勉強時間(2時間)

○過去問1年度分

○ブリッジ不動産登記法理論編(早稲田経営出版)の読込み

■全ての択一科目共通

○間違った肢及び正誤の理由付けにあやふやな点がある肢は、

その都度ノートに書き出し、翌朝起きた時に再度見直し。

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

司法書士試験勉強の回想1

思いつくままに、試験勉強の回想を…

■司法書士試験勉強を開始する際に、有利だったこと

○元金融機関勤務(国金)だったため、不動産や会社の

謄本は見慣れていた。

○金融機関勤務時は主に融資審査担当だったため、

融資先の顧客に普通抵当と根抵当の

違い等を説明したり、

代表者同一の関連法人が担保提供者であり、

利益相反となるため、融資条件として議事録

徴収条件とすることなどもあり、

司法書士試験頻出事項に実務上馴染みがあった。

■勉強開始の際、心配だったこと

○法学部卒でもなく、六法全書を開いたこともなく

難関な司法書士試験に対応できるのか。

■受験回数、勉強時の状況、1日の勉強時間

○1回。受験勉強専念(無職)、10~12時間(毎朝6時起床)

■使用教材 

○過去問…全科目Wセミナー(早稲田経営出版)

○問題集…早稲田合格答練問題集(早稲田経営出版)

○その他…直前チェック不動産登記法、直前チェック会社法・商業登記法

       択一・記述ブリッジ不動産登記法(理論編・実戦編)

       択一・記述ブリッジ商業登記法(理論編・実戦編)

       デュープロセス(会社法・商業登記法、

                                    民訴法・民執法・民保法、

                 供託法・司法書士法)

      以上、Wセミナー(早稲田経営出版)の書物。

      コンメンタール民法(日本評論社)、

             岩波判例基本六法(岩波書店)。

■答練、模試

○Wセミナーのホップ・ステップ・ジャンプコース、Wセミナーの全国統一模試(計3回)

■受験勉強時の最大のハプニング(?)

○司法書士筆記試験2週間前に妹の結婚式あり、

新幹線で片道2時間半移動し結婚式・披露宴に

出席し丸1日勉強できず。翌日は、Wセミナーの

第3回全国模試があり体力的にきつかった。

(直前期の1日は、通常時の1週間分位のロス)

駄文は次回以降も続きます…

佐野行政書士事務所のホームページ http://www.hpmix.com/home/sano3/index.htm

      

                

| | コメント (8) | トラックバック (0)